TOP

スポンサーKataribe

お墓に水をかけるのはNG??<お墓参り>の作法を知ろう

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ご先祖様の冥福を祈り、日々守って頂く感謝を述べるお墓参りに「正解」は存在しません。
私たちはそれぞれの宗派や地域でやり方や風習が変わってきます。
詳しく知りたければ、年長者の方やお墓を預かってもらっているお寺などで伺ってはいかがでしょうか。
しかし一般的なマナーとして、基本的な作法を知っておきましょう。

<お墓参りのお作法①> 服装
特にこれといった決まりはないですが、華美な格好で行くのは不躾です。
目的はお墓を掃除し、ご先祖様に手を合わせることです。

<お墓参りのお作法②> お墓に到着してすぐにする事
お墓を守って頂いているお寺や神社がある方は、日頃の感謝をしに、まずは本堂をお参りしましょう。

<お墓参りのお作法③> お墓に着いてすぐ掃除??
お墓についてすぐ、掃除を始める前にまずはお墓に手を合わせてご挨拶をしましょう。
「お参りにきました。」
「掃除をさせて頂きます。」
程度のご挨拶で結構です。積もる話はあとでゆっくりしましょう。

<お墓参りのお作法④> お墓の掃除
まずはお墓の周りの落ち葉や雑草を綺麗にします。手で丁寧に行う事で、心も洗われるでしょう。
そして、硬く絞った布でお墓を綺麗に拭き、掃除をしましょう。

<お墓参りのお作法⑤> お墓に水をかける??かけない??
地域や宗派により、水をかける事でご先祖様の渇きを癒したり、その行為自体が神聖な物とされている所もあります。
しかし逆に、お墓に水をかける事はご先祖様に「冷や水を浴びせる」とされ、決して許されない事であると言われている所もあります。
それぞれのやり方や風習があるので、ぜひ家族や親戚に伺ってみてください。

<お墓参りのお作法⑥> お供え物
掃除が終わったら、お花や榊を飾ります。
敷き紙(半紙など)を置き、ぼた餅や果物、ご先祖様の好物だった物などをお供えします。

<お墓参りのお作法⑦> お線香
お線香の香りは仏様が喜ぶとされ、その場所や人を清めるとされています。
お線香も束で火をつけたり、数本だけ立てたり、又は横に置いたりと異なりますので、家族や親戚に伺ってみてください。
お線香の火は縦に数回振るようにして火を消しましょう。

<お墓参りのお作法⑧> お参り
お墓より低い姿勢で、しゃがんで合掌します。
お線香の香りが漂う中、心をしずめ、日頃の感謝と冥福を祈ります。

お参りが済んだら、お供え物は持ち帰り家族で頂きましょう。
お墓参りの綿密なやり方はそれぞれ変わってきますが、ご先祖様を弔う心は一つです。
基本的な作法を身につけ、心を込めてお参りしましょう。

.

最終更新日:2017-03-10 13:26

コメント (0)